薬剤師の転職は難しくありません

薬剤師の転職がスムーズにいかなくなる?

薬学部を出て薬剤師の資格を取れば、調剤薬局やドラッグストア、病院などで働くことができます。

こうした施設では薬剤師を必ず置かなければなりませんから、薬剤師資格は就職するのに有利だと言われてきました。

薬剤師というのは高時給ですし、需要も多く、転職するのにも困らないと考えられてきました。しかし、近い将来薬剤師が過剰になるという噂が流れています。

というのも、薬学部の定員が増加した上に、薬学部が6年制になり、より専門的な知識を身につけた新卒薬剤師が多数輩出されると考えられているからです。

薬剤師が過剰になると、薬剤師の転職はこれまでのようにスムーズにいかなくなる可能性があります。

既に6年制薬学部の卒業生は出ていますから、転職するのに二の足を踏んでいる薬剤師も多いんじゃないでしょうか?

薬剤師経験者の求人は多い

薬剤師の転職は、今の段階では決して難しくありません。薬学部は定員割れのところも多く、現状では薬剤師が急増するような事態にはなっていません。

病院や薬局は忙しく、新人研修の時間も十分取れないところが多いため、即戦力となる経験豊富な薬剤師の採用を希望します。

薬剤師の転職は決して難しくありませんので、前向きに考えてみて良いと思います。