礼拝とは

 

 

日曜日に行われる主日礼拝の流れについて

主日礼拝について

礼拝とは、キリスト教においてよく使われる言葉であり、神とされるキリストを崇めるための重要な宗教的な行事のひとつとされています。

キリスト教は、世界三大宗教のひとつとされており、海外にはもちろん、日本国内にも数多くのキリスト教会が点在しています。一般的に、礼拝は日曜日に行われており、その理由は神として崇められているイエス・キリストが復活した日が、日曜日だったと言われてることに由来しています。

キリスト教では、この世のすべてに存在するものは、神によって創造されたものとされており、すべては神の手の中に存在するものと考えられています。

キリスト教の礼拝のことを主日礼拝とも言い、主とされるイエス・キリストの復活を日曜日に祝うことから、このように名付けられています。主日礼拝は、キリスト教会の礼拝堂にて行われており、牧師による聖書に基づくお話、お祈り、讃美歌を歌うといった内容です。

主日礼拝のプログラムについて

キリスト教会にて日曜日に行われる主日礼拝の大まかな流れについて、ご紹介しましょう。

協会の礼拝堂にはオルガンが設置されており、主日礼拝はオルガンの演奏から始まります。礼拝堂ではイエス・キリストの教えにより、すべての参加者が祈りを捧げます。参加者全員で讃美歌を歌い、司会者である牧師が祈りを捧げた後、聖書を朗読します。その後、聖餐式が行われることもあります。その後、祝祷が行われ、オルガンの演奏で主日礼拝のすべてのプログラムが終了します。もっとも、教会によってはプロクラムの内容や順番には少し違いがみられる場合もあります。

主日礼拝というと、どこか堅苦しいようなイメージがありますが、けっしてそんなことはありません。主日礼拝は、イエス・キリストの聖書の教えを真剣に学ぶ場であり、神聖な儀式とされています。