認知症領域の看護師求人

認知症領域の看護

社会の高齢化に伴い、昔よりも需要が増加しているのが、認知症の看護を行なう看護師さんです。

臨機応変な対応やとっさの判断力などが問われる急性期病院と違い、認知症領域における看護業務は日々の積み重ねが求められる急性期病院とはまた違ったタフさが求められる職場といえます。

認知症専門の看護師の仕事内容としては、認知症によってできなくなってしまった日常生活の支援を行なうなど、快適な生活を送れるように力を尽くすことが求められます。

認知症看護師の需要

非薬物療法では、病院や施設によってさまざまな療法が取り入れられているため、看護師として貴重な経験が積めることはもちろん、若年性の認知症や新薬の登場などによって、今後ますます注目があつまってくることでしょう。

ただし、看護師としてのスキルを求めたいという人にとっては、日常生活の支援が主となる認知症領域の看護師は、やや物足りない感があるかもしれませんし、看護領域とは別に認知症の人の心理や言動の特性などを勉強したり、介護福祉士など他の職種の人との連携もうまく行なっていく必要があります。

しかしながら、認知症領域では、老年看護や療養病院はもちろんのこと、高齢化が進む昨今では一般の病棟でも、ますます認知症の看護師求人が増えてくることが予想されます。