礼拝と聖書朗読について

聖書の種類は新約聖書と旧約聖書がある

そもそも聖書とは?

キリスト教徒にとって、聖書は必須アイテムのひとつであり、主日礼拝に行くと牧師から聖書に関するお話があります。

聖書とはその名の通り、キリスト教においては聖なる書物とされており、この一冊の書の中には神と人の歴史、そして出会い、キリストの教えについてすべて書かれています。聖書にはおもに新約聖書旧約聖書の2つの種類があり、それぞれの書には書かれている内容にもさまざまな違いがあります。

キリスト教は世界三大宗教のひとつであり、現在キリスト教を信仰する多くの人が、旧約聖書に基づいて信仰していると言われています。

キリスト教会では、聖書の朗読はおもに牧師がしていて、主日礼拝の中でメインとなるのは、この聖書朗読や聖書に基づいた牧師の話です。製紙所に関する詳しい内容を知りたいと思ったら、キリスト教会の礼拝に出かけて牧師の話を聞くのも良いですが、基本的にはキリスト教徒のための集会ですから、外部の人が許可もなく立ち入ることは避けたいものです。

聖書について興味があれば、インターネットの動画サイトなどで、聖書に基づいた牧師の話を聞くこともできます。

 

新約聖書と旧約聖書との違いは?

聖書にはおもに新約聖書と旧約聖書の2種類がありますが、その中で「約」とはキリスト教では神として崇められているイエス・キリストと人間との間の契約、約束を意味しています。

旧約聖書はもともとユダヤ教の経典として記された書物であり、キリスト教ではこの旧約聖書をもとに、聖典の中の一部として取り入れていたものとされています。

新約聖書は、イエス・キリストが亡くなった後、キリストの弟子たちが布教する過程などについて書かれているものです。新約という名の通り、新約聖書は旧約聖書が書かれた後に作られた書物であり、新約聖書には旧約聖書に記された内容のものもいくつか含まれているようです。聖書に記されている詳しい内容や解説などは、インターネット上でも閲覧することができます。