硝子体手術について

いろいろな眼の病気に関わる硝子体

硝子体に関連する病気

私たちの目の中は、硝子体と呼ばれるゼリー状の物質で満たされています。網膜剥離や糖尿病網膜症、黄斑疾患といった眼の病気には、必ずこの硝子体が関連してきます。

硝子体に関連する手術は1980年頃から行われるようになり、さまざまな疾患の治療に効果を発揮しています。

硝子体手術は、ベッドに仰向けに横になり、消毒を行い、顔に清潔なカバーをかけた状態で行われます。症状によって手術の方法や時間は変わりますが、だいたい1時間半〜3時間くらいの手術が一般的です。

硝子体手術では、硝子体のかわりに灌流液という液を使って眼球内の圧力を保ちながら行われます。手術によっては、眼内染色液や薬を使用したり、網膜上の膜除去やレーザー凝固といった作業も行います。

白内障の手術では、水晶体を取り出し、代わりとなる多焦点眼内レンズや単焦点眼内レンズを挿入するというシンプルな流れでしたが、硝子体除去の場合は状況に応じて白目の部分に小さな穴を開け、そこから細い器具を使って硝子体除去を行っていきます。

白内障の症状もある方に関しては、硝子体除去の手術と白内障の手術を同時に手術を行う場合もあります。

硝子体手術後

硝子体手術で硝子体内にガスを注入した場合はガスを落ち着かせるために術後しばらくうつむき姿勢で横にならなければならない場合もあります。黄斑円孔や網膜剥離による硝子体手術を行った場合、現在の手術ではうつむき姿勢が必須です。

硝子体手術後で注意しなければならないのは、術後の出血や網膜剥離、角膜障害、緑内障やその他感染症といった症状です。出血は、少量であれば自然吸収されるので問題ありませんが、吸収が遅い場合には再手術が必要な場合もあります。

近年硝子体手術の技術は飛躍的に進歩しているで、合併症の危険も少なくなってきていますが、デリケートな手術であることにはかわりありません。日帰りで終わってしまうような硝子体手術もありますが、術後は十分に安静にし、経過を観察する必要があります。