白内障手術について

水晶体を取り出し人工レンズを入れる

白内障の症状と治療

私たちの目の中でレンズの役割を果たしてくれている水晶体という部分があります。この水晶体が、加齢などによって白く濁り、視力が低下してしまう病気が「白内障」と呼ばれるものです。

水晶体はよくカメラのレンズに例えられるのですが、外からの光を取り込んでピントを合わせるという役割を果たします。

通常は無色透明で、光をよく通すのですが、白内障になってしまうと白く濁ってしまうため、光が眼底に届かなくなってしまいます。その結果、目のかすみや視力の低下、光を眩しく感じたり、暗い時と明るい時の見え方が違ってしまう…といった症状があらわれます。

白内障の治療は、初期であれば点眼治療で進行を抑えることができます。ただし、薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではありませんので、視力の低下や目のかすみといった症状は残ってしまいます。

日常生活において不便を感じるくらい、見え方に異状が出てしまっている場合には、手術による治療が行われます。

白内障手術

白内障の手術は、濁ってしまった水晶体を取り出し、眼内レンズと呼ばれる人工レンズを挿入するというやり方で行われます。

眼内レンズには、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズという2パターンのレンズがあり、どちらのレンズを使用した方が良いのかは患者さんと医師とで相談しながら決めていきます。

目の状態によっては、単焦点眼内レンズしか使用できない場合などもありますので、視力検査などで見え方をよくチェックしながら決定することとなります。

水晶体を取り出す際に、現在の手術では超音波水晶体乳化吸引術と呼ばれる方法が使われます。これは、超音波によって水晶体を砕き、吸引して取り出すというものです。

白内障の進行により水晶体が硬くなってしまっている場合は水晶体嚢外摘出術といって、水晶体の核ごと取り出さなければならない場合もありますが、だいたいの白内障手術は10分〜15分程度で終わってしまいます。そのため、日帰り手術なども可能です。